So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アミノカップ第2戦 ~まぁ今はこんなもんだ~ [Race2007]

前回のヘタレっぷりから1ヶ月とちょっと、

少しはマシになったようです。

2回目なんでね、成長しなけりゃアホですよアホ。いや、バカです。アホはいい、素晴しい。

ここしばらく、鎌倉のハイキングコースを歩きまくって(たまに走って)遊んだりしていました。夜の山は怖いです・・。物音に敏感になりビビリ全開、ダッシュで逃げたいけどヘッドライトだけでは暗くて・・なわけです。歴史ある町なので、霊魂の類が私を守ってくれるかと思いきや・・、ここ2ヶ月で4度めの左足をグギっと。治るもんも治りませんが、自転車に影響なしなのがまたフシギ。

いい景色です。


なかなかの迫力です(落石で通行不可能ですが)。

鎌倉の名所には、ブロンドのオネエサンがよく観光に来ていて、意味不明なアイコンタクトで挨拶を交わしたり、いつもの携行食・羊羹を差し上げたりと、よくわからん国際交流したり・・ほんとよくわからん(言葉わかりませんから)。にしてもデカイね、あっちの人は。


鎌倉はもう桜満開です。といっても撮影時は五分咲きという感じですけど。しかも分かりづらい写真・・・。


うちの近所はこんな感じです。あ~ベタですなー桜の記事なんて。つまらんので、この辺でやめておきます。書いててつまらんブログほど虚しいものはないので・・。

さて、ようやく本題のアミノカップ。

今日はなんと、ソネブロ自転車乗り仲間のSusieさん(と、奥様とお子様)とご対面できました。で、Susieさんと試走に行く・・・・・ん・・・で・・・す・・・が・・・、なんか後から眺めていると・・・全然違う!なんでしょう、この背中から漂う余裕は・・。試走で分かるほど私とは力も経験値も全然違いますね~、さすがです。

TeamARIの皆さんにも挨拶し、レース開始を待つ。

と、トイレ行きたい・・・

でも時間がないということで、膀胱からのエマージェンシーコールは無視することに(なんとか持ちこたえてくれましたよ・・)。

スタート
30~40番目くらいでコースイン、前回の反省点を踏まえ、ロクにアップもしていないのでノンビリ・・・って心拍数が200超えてますよ~。結局このまま、登りで195~200くらい、下りで175~185くらいな感じで走ることに。大丈夫なんかいな心臓は。

2周目くらいに、Susieさん(後方スタートのようでした)にパスされ、ちょっと追ってみる・・・が、まだ濡れているラダーのところでフロントを取られ、ヘッドスライディング~一回転~愛車が降ってくる~避けるために愛車をしたから蹴りつつもう一回転して逃げる、という自爆を披露(ダレもいなかったけど)してしまい、エンドバーが下を向く(どうでもいいけど)。

あ~かなり離れてしまった。が、今回の課題は、
・マイペースで走り、人に抜かれても追わない
・2時間休みなしで走りきる(ショボい課題・・)
・登りで追い込まず、淡々と走る
・前回よりも周回を重ねる
・お子様たちの声援に手を振って答える
・痙攣対策として水分補給をちゃんと行う
・同じくらいの力の人を追う
・腰痛対策(わ、忘れていた・・)
・メカトラ回避のためにライン取り注意
課題多い・・

で、マイペースでいけました。2時間ちゃんと走りました。登り以外で追いつかれるので、登り頑張りすぎ?。周回は前回より+1。手を振って答えられました。クラッシュ時の無茶な体勢で痙攣しましたが、とりあえずOK。ずっと同じペースで走っている人がいましたが、追われていました・・。腰は痛すぎ・・。メカトラなし。

いい感じでした。

3周目か4周目あたりから、前回の記事にも書いてあるシーナックの矢沢みつみ選手がちょっと後方にず~っといるんですよ。結局、10周めの半分くらいまでほぼ同じペースでたまに抜かれたりしながら走りました。ん~、私はやっぱり登りで脚を使いすぎて、平坦のところでノロノロになるようです。ちょっと考えねば・・。

なんとか逃げようと試みるものの、コース前半をいい勢いでいっても、後半でタレる。の繰り返し。もっとインターバルやらないとダメなんかね。あ、いえ、先月も大したトレーニングしてません・・・情けない。もちっと気合入れます。腰はこの時すでに危険な兆候が見え、平坦なところとか下りで伸ばしたり捻ったりしながら、なんとかしようと・・でもビッキビキです。痛いです。しかし、痛いくらいがなんだ!まだ脚は動く!と思ったわけじゃないですが、ここで休憩したら前回の二の舞なのでなんとか走り続ける。

10周目、周回遅れに詰まっているところをその矢沢選手に下りで抜かれ、後を追っていたんですが(実はその時、私の後にはチームメイトのIさんが・・)、長い登りのところで追いついたはいいものの、勢いあまってぶつかりそうになり、よけたのが左側・・・ってのが間違いで、左側は・・ミニ崖です。はい、転落~の2回転。Iさんの「大丈夫か~」の声がだんだん小さくなる・・。通り過ぎる人の半分くらい(10人くらい)に「大丈夫ですか~」「怪我ないですか~」とか声をかけられる。なんともありませんが、私の視界の左側にはビデオカメラを抱えた人が。エクストレイルのCMに使ってもいいですよ。

転がる最中に踏ん張ったせいで、左足が攣りまくりで参った。なんとか伸ばして対応したものの、右足しか力が入らない。あ~負けたか~。結局、2分くらいのロス。

で、結局12周のラスト1.5周はほとんど右足だけで左はサポートに徹する。

ゴール!

で、暫定リザルトが出る。が、なんでか11周になっている。前回、20分くらい休憩したあのヘタレなレースと同じ周回。そんなわけない、ということで「意義あり!」というほど勢いはありませんが、確認してもらう。

206と208を見間違えたらしいです。さすが手づくりのレース!しかし、ミスはダレにでもあるもんなのです。6と8なんて見間違いやすそうやし・・。主催者の皆様、楽しいレースをありがとうございます。面倒くさいデータ修正、ありがとうございます。

そんなわけで、11周の14位?だったのが12周の11位に!
あんま変わってないな・・。
クラス別の順位はどうでもいいと思っていながら、総合順位を確認し忘れていたり・・。前回よりは上に行っているハズなんだが。やはり母数が多い方が比較対象としていいと思うので。

私のクラスは4位くらいまで13周で、それ以下13位までは12周。余計なクラッシュがなかったら、もっと上位にいけたかなー(まぁARIさんには見事にラップされたんですけど・・)。

ちなみに、Susieさんは「ピクニック気分で・・」なんて感じに参加しておきながら、13周。
ん~遠いな~。

私の走りにはまだ余裕がないですね。速い人を見ていると(ゲストの竹谷さんなんて特に)ライディングの安定感が違います。あんだけ余裕あれば、(大げさに言うと)体も疲れないんだろう。

まだまだ経験不足、伸びしろはある・・はず。

シリーズ戦に定期的に参加すると、ほぼ同じコースを同じ時間だけ走ることになる。これはイイです、素晴しいです、ありがとうございます。かなり自分の変化がわかるし、課題への対応ができたかどうかもよく分かる。ちゃんと全戦参加したいですねぇ~。

Susieさん、もっと話がしたかったんですけど撤収作業に入っちゃって申し訳けないです(結局撤収作業を手伝っていないということになってますが・・)。またレース会場かどこかでお会いした時に、いろいろアドバイス下さい!間違いなく勉強になってます。

そんなわけで、次回への課題。
・腰が弱いので背筋と腰まわりの筋肉を鍛える(でええんかな)
・異常に体が硬いのがいいわけがない、ちょっとでも柔らかく・・
・減量!
・もっと激しいトレーニング!
とりあえずこんなところで。まだまだありますが。

前回よりいい走りができたので、リアディレイラーをプレゼント!ってことで、リアメカトラブルから逃れられそうです。ジャンケン大会でジェイミスのTシャツをもらっちゃいました。

あ、写真全然撮ってない・・。

まだ飯食ってなかった。

(URLは、たまたまウルルン滞在記を見ていたので、こんなのに・・)


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 12

もきち

お疲れさまでした!!
こういうレースではこけたり落ちたりする危険が
常にあるのですね。 大丈夫でしたか?

課題もたくさんあってますます燃える男?!
まだまだ伸びしろはたくさんあると思います。
がんばって!!
by もきち (2007-04-02 10:03) 

kert

ボクもときどき自分に向けて使いますが、「伸びしろ」ってイイ言葉ですよね。

レースのほうは読みごたえありました。
想像以上にタフな競技ですね。
でも、頑張りが伝わってきて、ニコニコしながら読んでしまいました。
ただし深刻なケガには十分気をつけてください。
by kert (2007-04-02 11:51) 

arukakat

>もきちさん
コースの中でも一番狭い所だったので、こけたら落ちる可能性は高いですね。怪我はありませんが、コケた時に踏ん張りすぎたせいか、左足だけ異常なまでの筋肉痛ですねぇ~。痛いです・・。まだまだやりますけど、まぁそれなりですかね~。

>kertさん
タフでしたねー。1時間20分経過くらいに、かなり止めたかったんですけど、なんとか・・。前回よりマシな結果だったので、”とりあえずは”満足ですね。それにしても、平均心拍数187ってのはどうなんでしょうか。まだ追い込めるのか、心拍数は心拍数に過ぎないのか、謎です。
by arukakat (2007-04-02 21:08) 

nal

あ、いや…転落ってフツーにあることです?
怖いです…気を付けて下さい!そしてコケなかった時のリザルト、やっぱ見てみたいですね!リベンジですねぇ。
そして、サクラの記事を面白く書いてこそ真の物書きってもんだ!(笑)
ま、そうですね…サクラの写真って見飽きましたよね…ってワタシは明日書くんですけどね(苦笑)
それから、サイドバー384ダラ〜は方言ですか?(ワタシの地方じゃ384でしょ〜を”だら〜”と言いますよん)
by nal (2007-04-03 16:29) 

arukakat

>nalさん
どうなんでしょうね~、私が観た限りでは3人(って私も含めて)いましたよ。
同一周回が多かったので、うまくいけばもっと・・・と言ってもコケるコケないも実力ですからねぇ~。私はあまり時期モノは好きじゃないですね、他の人にお任せってことで・・。384ダラ~に意味はありません。なので、好きなように解釈していただければ幸いです(単にテキトーなだけです)。
by arukakat (2007-04-03 20:50) 

あり

おつかれさまでした。
かなり派手に転倒したみたいですが怪我は大丈夫ですか?
by あり (2007-04-04 00:39) 

S谷

初めまして♪
アミノCUPをGOO検索してて辿り着きました。
今回タナボタで表彰台にのってしまった某↑40グループの片割れですw。

MTBに乗りはじめて約半年の自分にとって、アミノが自分の進歩を確認するいい場所になってます。まだ、走るシケイン状態ですがシリーズに全戦参戦する予定でおりますので、お会いできた時はよろしくお願いします。

崖落ち現場、通過いたしましたが(クラッシュ音ものぼり入り口で聞こえましたよw)あまり大怪我はなさっていない様子で安心しました。
by S谷 (2007-04-04 05:16) 

Bee

レースお疲れ様でした。
前回よりいい成績で伸びているというこがわかりましたね。
次回は私も参加しますのでよろしくです。
by Bee (2007-04-04 08:46) 

ひろっぴ

いいなぁ、楽しそうで。
ワタシの経験上、山でコケるのって案外大丈夫なコトが多いです。
ロードでコケると悲惨ですが。(こちらはまだ未経験)

ワタシはまだ今シーズンがスタートしておりません。
ぼちぼち走り始めているものの、今季初イベントは5月になりそうです。
by ひろっぴ (2007-04-04 16:27) 

arukakat

>ありさん
怪我は特に無いんですけど、左足が死んでいますね~。今までの人生で一番痛い筋肉痛です・・、踏ん張ったりせずに、素直にコケていれば良かったですね~。恵みの雨ということで、今日まで休めました。明日からトレーニング再開といきたいところです。

>S谷さん
表彰台おめでとうございます。私もMTB経験は浅いので、お互いこれからどんどん登っていきましょう!アミノは全戦参戦予定なので、また会場でお会いしましょう。あ・・、目撃されてしまいましたか・・お恥ずかしい限りです。産まれてこのかた、怪我らしい怪我はしたことないんですよね、どういったわけか・・。我ながら、なかなかの強運です。

>ココくんさん
いや~、前回はちょっとひどすぎました。といっても、ソロは初挑戦だったのでそんなもんだと思います。次回参加ですか?ただでさえ遠い表彰台が、さらに遠くなりますね~。なんとかTeamARIの牙城を崩せるよう、成長しますよー。

>ひろっぴさん
山はですね、トレイルで散々コケているのでなんてことはないですね。が、さすがに転落は初だったのでかなり焦りましたね~。私のロードの落車は未経験ですが、確かに悲惨なことに(最悪の場合は命まで・・)なりそうですね。恐ろしい・・。ぜひ、どこかのイベントでご一緒しましょう!
by arukakat (2007-04-04 21:05) 

Susie

レースお疲れ様でした。
自分についてこれたらエキスパートですからそんなに焦らないでください。
試走のときの余裕?それは体がだるくてダレていただけのような・・・
転倒してしまうのは仕方がありません。
が何故転んだのか、どうすれば転ばなかったのかを理解して、次回同じ状況で転ばないように練習することが一番大事です。
速い人は自分が失敗するようなところでも確実に速い走り方をしています。
そういうところを質問してほしいですね。
・・・とカッコいいこといいながら自分は広場で杭に引っかかって転倒しましたが。
by Susie (2007-04-04 22:32) 

arukakat

>Susieさん
う、確かについていけたらエキスパートですね・・・。がんばります。
これからいろいろ走ってみて、走りが安定している人との違いを見つけてみます。「疲れた時にどう走るか」なのか「疲れないように走るには」どっちなのかも気になるところです。集中力を切らさず、ということがまず第一ですね。
杭に引っかかるとは、悔いが・・・いえ、なんでもありません。
by arukakat (2007-04-04 23:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。