So-net無料ブログ作成
検索選択

【サポートライド】2017四万十・足摺無限大チャレンジライドDay2 [自転車]

前日(記事はこちら)に引き続き、2日目の足摺コースです。

どうも、みんな素通りの足摺岬です!
170312-112803_R.JPG

足摺はいつも走っているコースなので、安心感あり。ただし、、


今日のコース(ミドルコースね)はなかなかキツい。
足摺スカイラインは5km弱の休み所がない登り(確か6%くらいだけど)。そこに至るまでもけっこうなアップダウン、その後の海沿いも実は地味なアップダウンと冬は基本的に強烈な向かい風です。
さらに内陸に至る大月町のルートもアップダウンの連続。これは完走率低そうだな、などと思いながらスタート。

とその前に。会場に到着したらライトとメーターを忘れていることに気づく。ありゃりゃ。
急いで取りに帰る、会場と自宅は2kmくらいなのでまぁ大丈夫。で戻ってきてまたヘルメット忘れに気づく、さっき気づけよ、、。ともう1往復、準備が整った時にはスタートしていた。宿毛市長のコメント聴きそびれ+集合写真に入れず笑

自分の担当はまたも後方(最後尾より1つ前)だったので、セーフ。しかしウェーブ毎のスタート?ってやつは、最初と最後で20~30分の差が出るんだな。参加者多いイベントならさらに、か。完走ライン上にいる人には死活問題なんじゃ。まぁそういう人はがんばって早く自転車並べなさいってことか。

スタートからは小中高と通った通学路な土手(今でもサイクリングなりランニングで使ってる)を通って実家方面へ。
すぐに三原村への登り、これもいつも使っている。いつまでも工事中、、、なげえわ、、はよ終わらせなさいよ。

片側交互通行待ちで長い隊列ができる。三原村の最初のエイドまではゆっくり登る。元気な参加者さんはぶち抜いていく、元気だな~。順位つかないけどマイペースで走りたいもんな。1km登った後は一段落してまたじわじわ登り、三原村中心部のエイドステーションへ。近い笑

いろいろ出てくるのでみんな大休憩。これ間に合うんかな、、うーむ。
次のエイドステーションに行く途中、いつも通るシングルトラック下りがある、、、が今日はガマン!トレイル入り口が誘っている、、、けどガマン!辛い!!辛い!!!
しかしその入口付近でうずくまる人が、あらクラッシュ?登りなのに。しんどそうだが走れるとのことで、駄目そうならリタイアするなりショートコースを走るように伝えて先に進む。昨日もしんどそうだった人だな、二日間走りきれたのだろうか。

そんなことがあったおかげで?シングルトラックの誘惑に勝ち、ドーロを下る。まぁここの下りはけっこう楽しいので救われるのだが、、。ギリギリ三原村の成山に到着。またいろいろ食える、おにぎりとか。朝飯ガッツリ食ってきているのでスルー、しし汁も3日続けて食っているのでスルー、水もあるのでスルー。参加者さんたちの様子チェック。のんびりしすぎな気がするが、、、。

ショートコースの先頭も到着して、この時は1つ前のエイドステーションとあわせると三原村の人口(焼く1800人)がいっきに2割増しになったはずだ。
土佐清水市に入りつつ楽しいオンロード下り。コーナーが気持ちいいんだよな~ここ。飛ばし過ぎ注意。
そこから母方の実家をかすめつつ、海へ。自分に関係ある場所ばっかり通っているようなルートだ。

今日は昨日と違って延々とアップダウンなので、前を引くのは向かい風が予想される竜串~大月区間に設定。あとは後方からマイペースで追い上げつつ声をかける感じにする。その方が自分にもストレス無いし、一定で走るよりはより多くの参加者さんをチェックできる、はず、、。

大岐の浜ビュースポットは誰も止まらず、、と思ったら具合悪そうなおじいさんが。70代でいろいろサイクリングイベントに出ているんだとか。ちょっと胃の調子が、、とは言っているが大丈夫そうだ。すてきな砂浜を眺めて癒やされておくんなまし。

大岐の浜はこんな感じ
170312-101913_R.JPG

ちょいちょいアップダウンを繰り返して以布利エイドステーションへ。ここでは海遊館に送られる前のジンベイザメが見られます。ちょっとしたアトラクション的な?なかなかデカイです。「以布利 ジンベイザメ」で検索GO!確か土日の昼間は開放しているはず。

パンクしていた方の修理指導?をして復帰。あ、給水忘れてた。

そこからは狭い道、森の中、木のトンネルなどを通過する気持ちのいいゆるめアップダウン。
その後、いきなり視界がひらける海沿いへ。この辺の区間はいつも走ってて最高に気持ちがいい。
暖かくなってきて真冬と較べて野鳥もうるさい笑

海沿いに出てしばらくして足摺岬。直前の亜熱帯植物に包まれる木のトンネルは何度通っても最高だ。
エイドステーションは足摺岬のちょい先だが、甘いもの食いたくなったので足摺岬を眺めつつ年中売ってる土産物屋のアイスクリンを。

見よこの迫力
170312-112808_R.JPG

反対側の断崖絶壁もオススメ。ちょっとベストポジション取れなかったけど
170312-112821_R.JPG

足摺エイドステーションから先は足摺スカイライン。さて登ろう(この日、先週試走したときに獲ったKOMを奪われる笑。登り遅いのがKOMってのも変なので助かるけど、、。)
みんなしんどそうだ。景色を堪能しつつ登りたいところだが、ここは眺望が良くない。登らずに旧道を通るほうが景色もサイコーだし見どころもいっぱいあるので、普通のサイクリングにはそっちをオススメします。
みなさんに声をかけつつマイペースで登る。前日にも遭遇した参加者さんたちとまた遭遇したりする。

昔欲しかったLeMondのチタンカーボンフレームに乗っている人がいた。売ってくれ!笑
39*23Tでしんどそうだった。こちらはシクロクロスなので34*28です、、。

下っている途中でブレーキトラブルな人に遭遇。ブレーキは効くがそこまでに謎のスカスカが、、、原因分からず慎重に下ってと言うしかない。下手にいじって効かなくなるのも困るしなぁ、、じっくり時間かけるわけにもいかんし。


清水の街に戻ってきて、そこからは向かい風の中を道の駅エイドステーションに。天気予報だと奇跡の追い風だったが、ここで向かい風ってことはこの先もか、、と危機感を覚える。しかしかも、エイドステーションの足切りタイムが迫っている。
みんな余裕でくつろいでいるけど、まわりに参加者が大勢いると安心してしまうんだろうな。出発を促す。

このコースのしんどいメインは、足摺スカイラインじゃなくてここから先だったりするのだ、、。
足切りタイムが迫っているので、2人の参加者さんの前を引く感じでスタート。最後尾を待ってからにしたかったが。

しかし!再スタートして驚きの追い風!天気予報は当たっていた!
これは神風!!いきなりコースの難度がぐっと下がる。私がいつも味わっている向かい風の苦しみを、みなさんが味わってくれなくて残念です開放感ある最高のコースを追い風なんてラッキーだ!

追い風は脚力差を縮め、10人くらいの隊列が編成される。
とりえあず前を引く、追い風だしあんま役に立ってないけど。そういやこないだオランダな人たちとここ走ったな、とか思いながら、、あの時遭遇した旅人(ニュージーランドのおばさんだっけ?)は無事なのか、、とかも。

いつものゆるい上り+きつい向かい風な区間も、すいすい走れる。大幅にマージンを稼ぐ。
姫の井給水所でゼリーを大量補給。レーパンに5個くらいはさんで行く。

西へ逸れて樫西海岸方面へ。登って下る、帰りももちろん登って下る。ここまで向かい風だったらこれがキツイのだが、神風のおかげで楽勝な感じに。

樫西海岸はこちらの弁天島(だったっけな)が売りな場所です。下りきった登り口にあるので誰も止まりませんが、、笑
170312-144425_R.JPG

その後の登りで、遠くの断崖絶壁とかっちょいい飛行機雲と漁船のセットが。
170312-144756_R.JPG

気持ちよく登って下って、大月町のエイドステーションへ。ここの豚バラ丼?とつみれ汁が美味かった。この辺の名物なひがしやまも謎のゼリーも染みる。ひがしやまは竜ヶ迫のか?
ここも足切りタイムが来たので出発。最後尾はギリギリ到着したんだっけな?


※※※※※
「最後尾」と一言に言っても、最後尾ライダーがリタイアする度に最後尾ライダーはバトンタッチ。
その前の人を追い上げる必要があるので、最後尾担当のサポートライダーは大変です
※※※※※

ここから交通量が増えるので隊列を長くしないよう、気をつける。脚残っている人がいたので、その2人を引く。けっこういいペースでもついてくる、いいね。まだまだ元気だ。微妙な向かい風だったり追い風だったりで、まぁ普通のコンディション。

宿毛の街手前の土手まで来たら、もうゴールしたようなもの。時刻は16時(リミットは17時)。残り10km少々なのでここからダラダラとクールダウンモードに入っていく。

菜の花を撮影するくらいの余裕
170312-160324_R.JPG


最後尾ライダーを待ってみようかと思っていたが、全然来ないので諦めてゴールする。

134.4km
6h01m56s
STRAVAさんがアホなので獲得標高差が出てませんが、まぁいいか笑


振り返ってみると、グランフォンドというかサイクリングイベント自体参加が初めてだった。参加者ではないけど。
ガチ勢で走るサイクリングイベントはあったけどそれは別で(ATTACK!299とか)。

サポートライダーやらせてもらって、自分的にはなかなか新鮮な経験だった。
どこかのグランフォンドとか出てみるかな、、。

それほどシリアスレーサーでもないんだが、この日の参加者さんから「おたくプロなんでしょ?」とか言われたりした。
いえいえただのヘタレホビーレーサーです。いやもう最近はただの「花鳥風月を愛でるサイクリングおじさん」です。
一言に自転車といってもいろんな世界がある、まぁ今更ではあるが。

とりあえず楽しめたのでOK、としよう。

次は確定申告という峠をクリアせねば。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。