So-net無料ブログ作成
検索選択

妙高山、火打山をのんびりテン泊 [登山]

楽しく歩けました。

こんなコースです。



4連休だし、天気予報はイマイチだけど北アルプスデビューするかな~
と思っていたのだが、同行者を誘うともっと北のほうが天気が安定してるんじゃ、、ってことで妙高山へ。
特にこだわりないけど、北アルプスデビューはいつになることやら。。笑

燕温泉まで到着して、仮眠。睡眠時間少なめの合計4時間。
硫黄の匂いを嗅ぎながらスタート。そこかしこに温泉な感じが、、、すごいな。
紅葉はまだ始まりつつある感じだが、最盛期はすごそうだな(最近こんなことばっか言ってるけど)。

標高差1400mくらいあるわりにはあっさり登頂。景色がいろいろ変わるからあまり長く感じないかも。
山頂手前には謎の鎖とかロープ、余計邪魔な気がするけどね。。。この山域はこんなロープがいっぱいだった、設置センスなしって感じだ笑 弱い木の枝に結んであったり。やたら長かったりするから、またぐ時は下とか上で誰かが掴もうとしてないか注意。

山頂では高校生?中学生?の集団がギャーギャーわめき散らしていて、さすがに限界がきて一喝。なんでみんな注意しないんかね。よく耐えられるな、、、。
まぁ一部の周りのひとも大声でしゃべり続けていたから気にならんのか。大声でしゃべるのは下山後でいいやん、隣の人としゃべるボリュームを逸脱しすぎ。

賑やかすぎるので北峰に移動。軽食とってまた騒がしくなってきたので進むことに。
さすが百名山の人出。北アルプスはもっとすごいんだろうか、やっぱり行くなら平日なのか。

静かな登山道をずんずん下る。久しぶりのテント泊装備はなかなか重い。夏に痛めた膝はやや違和感あるものの、なんとかいけそう。翌日の状態はどうか分からんけども。
池やら湿原、ちょっとした紅葉を眺めつつ本日の引越し先へ到着。高谷池ヒュッテ。いろいろ制限多い説明を聞いて、設営(引越し作業)。水平できれいなテン場だが、水はけ悪そうだな~、池の畔だし。
いつもどおりカレー食ってソーセージ焼いてビールビール!向かいのテントのひとがやたらるさい(テント内で二人で会話すんのに大声な意味がわからん、常時ラジオも)けど耳栓しておやすみなさいませ~。


朝3時過ぎに起床。ああ、雨がポツポツ。でも星は見えているし待てばなんとかなる?と二度寝。相方(リーダー)の判断でちょっと遅く出ることに。薄暗い中を進んで火打山山頂。さっきまで晴れていたのにガスが。。むむむー

ちょっと待つとそれなりに晴れてきたりしてテン場へ戻る。戻る途中に晴れてくる笑

撤収後は紅葉を愛でたりしつつガスの中を下山。冬季ルートなのか?狭いルートでスムーズに下山。足湯+パピコでお疲れさまでした~。

下りの歩き方のコツがわかり、膝も無事。
紅葉も楽しめたし、妙に高い山だったしなかなか楽しめた。


ちうわけで写真。


こじんまりしたいい雰囲気の燕温泉をスタート
DSC_0655.JPG

紅葉も始まりつつ。。。
DSC_0669.JPG

なんちゃら平野がよく見える(調べない
DSC_0670.JPG

火打山から続くあたりもよく見える、、紅葉ぽいかんじ
DSC_0673.JPG

妙に高い山、妙高山に登頂。 ※語源とは無関係らしい
DSC_0676.JPG

晴れ渡るどこかの景色
DSC_0684.JPG

あっちらへんもよく見える
DSC_0685.JPG

下って湿原的なヤツが出現
DSC_0716.JPG

この日のお引越し先、高谷池ヒュッテに。雲がもくもく
DSC_0720.JPG

引っ越し作業完了の図、こいつが歩いてきたみたいだぜ
DSC_0721.JPG

ビールビール!!
DSC_0723.JPG

翌朝、御来光を火打山山頂で迎えようというアレ、、、んだが雲海が。かっこいいからいいけど
DSC_0726.JPG

雲海の上からおはようございます
DSC_0738.JPG

下ってきて逆さ火打。風があるからややモザイク
DSC_0759.JPG

8の字を描きつつ燕温泉へ下山する。。途中の湿原
DSC_0769.JPG

なかなかいい感じの紅葉、これからって感じがまたいい
DSC_0772.JPG

これで、24/100名山らしいぜ。目指してないけど
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0