So-net無料ブログ作成

瑞牆山のぼってきた(2度目 [登山]

おお麗しの岩山。

それは1年半前の話。登山はじめたばかりの頃に誕生日山行して、パノラマルートというバリエーションルートをなぜか突き進んで迷いかけたあの、瑞牆山。
その時の。
http://arukakat.blog.so-net.ne.jp/2012-10-16

今回はふつーにピストンしてきました。


ようやく?冬山道具を購入。ピッケル+冬靴+12本爪アイゼン。
どっか使えるところ。。。冬以外で登ったことあるところ。。。
で、金峰山!と思ったけど、とりあえず瑞牆山。いけそうなら金峰山もいってみよー

ってことで、重い装備で出発。

普段、軽い靴で歩いている(ちょっとしたUL志向?)だけに、1kgほどある靴の重いこと。。。
そして足の動きが制限される辛さ。。。なんなのこれ?みんなこんなんで登ってるのか?鉄人だ。。。

そんなこんなで、ペース上がらず(ついでに寝不足)でのんびり山行になってしまった。
もちろん金峰山は行かず。

途中、登りでアイゼンつけてみたけど重すぎて辛い。情けない笑
のんびり登って下って、石積み?したりして昼くらいに楽しく終了~。
軽さは正義だな、、、でも厳冬期やるにはここをクリアせねば。
うーむ、アンクルウェイトでもつけて日常生活するか?

山頂は330度の絶景。天気予報の「午後から雲が。。」の予定どおり、だんだん雲が出てきた。
ちょうど雲がないタイミングで登頂だったので、かなりツキがあった感じ。
金峰山の五丈岩は、冬だと特に目立つな~。そのうち行こう。

写真で振り返る瑞牆山~

下から観ると、あそこまで行けるのか???と疑問が出てくる山容
なんてカッコイイ山。。
DSCN1817.JPG

沢をわたって、岩を割る
DSCN1822.JPG

登りはじめるけど凍ってます(これは階段)
DSCN1823.JPG

雪もあるでよ
DSCN1824.JPG

ある程度行くと、振り返ると富士。頂上までとっておくか、見るか。
DSCN1826.JPG

こんなアトラクション?もあります
DSCN1827.JPG

大ヤスリ岩はデカイ
DSCN1829.JPG

上から見てもでかい
DSCN1831.JPG

山頂到着~
DSCN1844.JPG

金峰山方面
DSCN1835.JPG

ステキ富士山
DSCN1836.JPG

鳳凰三山と白峰三山
DSCN1837.JPG

甲斐駒ケ岳と仙丈ヶ岳
DSCN1838.JPG

八ヶ岳
DSCN1839.JPG

岩~
DSCN1840.JPG

パノラマ~
DSCN1833.JPG

石積み
DSCN1849.JPG

行動時間5時間ほど。楽しめました。
こういうゆるいのもいいな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0