So-net無料ブログ作成

雲竜渓谷スノーハイキングしてきた [登山]

そして肉食ってきた


こんなコースね、テキトー手書きだけど。


アイゼン使うキツくない山行、運動不足山ガールさんでもいける、、雨or曇り予報でも楽しめる。。まだ寒いから雲竜渓谷の氷柱残ってるか?
と調べると、なんとかいけそう。ただ残っている雪が心配。

とりあえず来てみたら、車はゲート付近まで行けない。まぁ仕方ないな。
えっちらおっちらとダベりながらひたすら歩く。

ゲートを過ぎ、つづら折れを登る。休憩所?からまだ除雪作業中でこの先全部雪っぽい。
アイゼン装着してズボズボと進む。休憩中の先行グループを抜くと今日は一人分の脚あとしかない。

ルート分岐で沢は雪が多くて危ないかも?と林道ルートを選択。ひたすらに雪。
雪の上を歩ける箇所、ハマる箇所。見分けがつかない。
凍って硬くなった表面が、ここ数日の暖かさで柔らかくなっていて辛い。。
同行者は体力ないが、それでも楽しみつつついてくる。

ようやく登りが終わり、というあたりで先行者の方が下ってきた。
滝の下までは行けないらしいが、氷柱は残っているようだ。よかったよかった。

同行者さんも氷の世界を楽しんでくれたようで、疲れながらも楽しく遊べました。
下りはつづら折れを雪の滑り台でショートカットしながら、遊びながら帰還。

さらにはレストラン・カタヤマまで脚を伸ばし、駄敏丁ステーキ500gで腹いっぱい。
楽しい一日でありました。

では写真で振り返る。。

にくーーーー!!!!ってこれはこの日のラストだった
5521_708752612502504_1730652117_n.jpg


電波微妙ですよ
DSCN1602.JPG

雪国ですよ
DSCN1604.JPG

除雪済みエリア終わったらずっとこんな感じですよ
DSCN1605.JPG

ようやくゴール近くまで
DSCN1606.JPG

さぁ、あそこが滝エリアだ
DSCN1608.JPG

しかしここからもなかなか進まない
DSCN1611.JPG

両サイド氷に囲まれる
DSCN1612.JPG

でかいのきた
(なぜかサムネイルは横になるのでクリックして拡大どうぞ)
DSCN1614.JPG

裏側へ、、、溶けつつあるから長居は無用
(なぜかサムネイルは横になるのでクリックして拡大どうぞ)
DSCN1617.JPG

裏側から雲竜瀑を。雲竜瀑はだいぶ溶けてるね
DSCN1620.JPG

となりの氷柱は折れてる。。
(なぜかサムネイルは横になるのでクリックして拡大どうぞ)
DSCN1621.JPG

崩れ落ちる古代ギリシャの神殿、みたいな折れ方。
DSCN1622.JPG

こんなところです
DSCN1623.JPG

おれおれ
DSCN1628.JPG

つづら折れを歩いて下るよりは、滑り台にしてショートカット。楽しすぎる。
(なぜかサムネイルは横になるのでクリックして拡大どうぞ)
DSCN1634.JPG

うーむ、ワカンとかスノーシュー欲しくなったぞ。。。
シンコウカンジキでも買うか。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0