So-net無料ブログ作成

2009-2010 GPミストラル#2 吉見総合運動公園  [Race2009]

Jシリーズ瀬女のショックを引きずり、走ってきました。

しかし、シクロクロスというかGPミストラルは坂がない、登りがない、下りもない、平地勝負!!

なんとかなるんじゃーないかという気持ちで、会場入り。
試走した結果、ん~泥確定です。ドロ・スプラッシュダイブ区間があり、かな~り汚れます。まぁ、これはもうしょうがない。

C1、C2、L1、L2の4クラスが混走です。あ~後半が大変そうだ・・。

スタート並びの後方には、3UP三上さん(前回3位)やRiseRide鈴木さん(前回2位)というC2の鬼二人。前方にODJさん、左にSanoさん、右に米ヤマさん、C葉さんという布陣。ぬぬ、これは油断したら完全に置いていかれる。お、ミストラル・ネモさんが復帰している、要注意だ。L2にはSpecializedな片山選手も参戦しているので、抜かれないように頑張ろう。

緊張感ないまま?スッタート!!

ダッシュダッシュ~で、何人か抜いて?ちょっと前に出られたか?という感じ。ミストラルT野さんがいいダッシュを決めている、C2のトップっぽい。ODJさんは近くにいるが、ガンガン前に行っている。私はスタート直後のテクニカルセクション?でC1選手に競り負けて突っ込めなかったせいで、ちょっと遅い人にひっかかってちょい出遅れ。ううむ・・・

ダッシュで差を詰め、ガンガン前へ。
2周目?3周目?RiseRide鈴木さんを捕捉。しばらく後方で様子見、あまり調子よくないのか、それとも流しているのかペースが上がらないような感じ。なんとか鈴木さんを抜いて、前へ前へ。その前は3UP三上さん・・追いつけるか? けっこうキツイが、ODJさんがどんどん前へ行ってしまう・・。この展開だと、ミストラルT野さんが序盤のハイペースで落ちてODJさんが勝つ感じか?

RIMG0009.jpg
ミストラルバンクを走る。

三上さんに段々近づく。前に目標が次々出てくるので追い込めるな~。10数秒差以下に詰めたか?・・と、三上さんがフロントまわりのトラブル?で停車。三上さんを抜いて3位浮上!!
おお~このままでも表彰台!いけるいける~!

しかし、その後の泥スプラッシュ後のコーナーでリアタイヤが剥がれる・・・。ぎょえ~やっちまった・・。
しょうがないのでタラタラ歩く。テンションが一気に下がる。しかし、ピット直前だったのが幸いして、スペアホイールに交換。1分以上停車?して、なんとか最出走。

RIMG0012.jpg
ヌルヌル区間(別に難しくない)

さて、どこまで抜かれたのか・・・

かな~りの人に抜かれてしまった。前の前はARAIの方、ミストラルの方、その先にVerdadの方、そしてSano
さん?あれ?なんでこんな位置に・・。幸いにも?私の後方の方は一定の間隔をおいて走っている感じだ。どこまで抜けるか、再度気合を入れて走る。

リアタイヤ剥がれでビビって、フロントの剥がれが怖い。コーナーでは交換したばかりのリアタイヤ加重で慎重に回る。

順調にガンガン抜いて、最終ラップ。ちょっと前にT松さん。T松さんにはJシリーズでは一回も勝っていない。ここは一度悔しい思いをしてもらおう!フフフ。抜く手前で一旦呼吸を整え、速度差を付けて一気に抜き去る。どうも効いたようで、追いすがる様子は無い。よしよし。さらに先は・・・、ちょっと遠くて無理っぽいが、ミスってくれれば追いつけるかも?と気を抜かずに走る。

で、そのままゴール。

順位はよく分からないが、5,6,7位のあたりに入れているはず(多分15人出走)。タイヤ剥がれのロスはともかく、それ以外はまともな走りができたかな。課題はシケイン。レースをこなすごとに下手になっている感じがするので、一回くらい時間かけて練習せねば・・・アレはだいぶロスしている。

さて、次はお楽しみなチームスプリント。今回はどうしよう・・・、とSy-NakチームにSanoさんが加入してしまった。あらら、これはやばい。私もチームメイト集め・・・。埼玉県人チーム米ヤマさん、神谷町競技自転車部のカナイさんで参戦。米ヤマさんが1走、私が2走、カナイさん3走(遅刻してサラ脚なので)。よし、これでいけるか~。

チームスプリント、スタート!!
RIMG0049.jpg

ってル・マン方式バトルロイヤル?な感じ。大混戦の開始。ガツガツ行きたいが、狭い箇所で前をミストラルのアシスト要員?に押さえられ、思うように前に出られない。ヌヌヌ、これも作戦か?! 本戦に遅刻で出られなかったカナイさんは、周りの熱気に負けて?スタート失敗。3走を待つためにゆっくり走る。米ヤマさんはいい位置にいるので、そこまで上がりたいが・・距離が短い・・。Sy-Nakチームはスタートも決めてしっかり走っている。あ~こりゃダメか~。どんどん逃げていく・・。

2走の私が抜ける時には、4位。あとはカナイさんの脚に賭けるだけ。踏め踏め~!!なんとか一人抜き、3居でゴール!!おお~入賞?

結局、なんとか入賞できて袋ラーメン一箱頂きました。
RIMG0057.jpg

そんなわけで、楽しいシクロクロスは終了。
レース運営の皆様、参加者の皆様、ありがとうございました。また楽しいレースを遊びましょう。

MTBではダメダメなのに、シクロクロスはいける?ん~もうクロス職人を目指すべきか・・?
とりあえず、リムにセメントを盛り盛りしておこう・・。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

ネモ

今回のタイヤ剥がれ、残念でしたね。泥水渡りセクションがあるときは、
チューブラーは、リム穴から水が入って、タイヤが剥がれやすいんですよ。
対策は、チューブラーの穴にコルクを詰める(昔はアンブロで作っていたのですが
今は無い)のが代表的ですが、自分は、今回100円ショップで言っている
両面テープをリムに張って、その上からボンド、リムセメントで両面テープ上から
タイヤを貼りました。 まあ剥がれなかったのは、スピードがでていなかったって
いうことかもしれませんが、参考になればと記しました。

しかし、せっかくマークされていたのに、まったくマークに値する走りが
できませんでした。新兵器も裏目にでてしまい。
次回は精進して、絡めるように頑張ります。

尚、チームスプリントでうちのメンバーが一人アシストというのは、逆アシスト
であって、我々もどぶセクションで彼のトラップにはまってしまったのです。
怒鳴って退けと言ってしまいましたが、、(笑い)


by ネモ (2009-10-19 12:42) 

arukakat

>ネモさん
タイヤはがれ、一応対策としては・・、
 ・ニップル穴をリム外側からコルク(自作)で埋める
 ・バルブ根元とリムの隙間をコーキング剤で埋める
ということをやって、望みました。
が、やっぱりミヤタのテープ一枚だけで貼り付けた状態では、サイドからの進入であっさり外れてしまったようです・・・。タイヤを貼るまでは根気強く作業していたんですが、貼る際に手を抜いた結果です。なんとも情けないです・・・ハハハ。
なので!次回は絶対に剥がれないようにDIYです。こうご期待ということで!

マークしていたんですが、「そういえばネモさんはケガからの復帰直後だったよな~」とスタート直後に思い出しました。完全復帰する頃にはC1に逃げられるよう(C1で苦しめるよう)、どんどん逃げますのでよろしくです、ムフフ。

チームスプリント、私の後方で怒鳴っていたのはネモさんだったんですね~。私はまさかあそこでブレーキレバーを握るとは思わなかったので、策略だと思っていました。シェフ選手(だったような?)はヌメヌメ区間が苦手なんでしょうか。チームスプリントはなかなか盛り上がるので、大人の運動会さながら今のノリで続けて行くとよさそうですね~。次回も楽しみです!
by arukakat (2009-10-19 22:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0